ウイングからのお知らせ

平成28年2月12日
建築物等先導事業に
弊社技術採用物件が採択されました。



国土交通省が実施している「サステナブル建築物等先導事業(木造先導型)」に弊社の開発した建築技術が採択されました。
◇物件名:(仮称)小倉京の湯 新築工事

◆国土交通省ホームページ
◆先導支援室ホームページ


《サステナブル建築物等先導事業(木造先導型)とは》
再生産可能な循環資源である木材を大量に使用する大規模な木造建築物等の先導的な整備事例について、その具体の内容を広く国民に示し、木造建築物等に係る技術の進展に資するとともに普及啓発を促進する事業。
国が積極的に木造化を推進するために補助金を交付し波及・普及効果を期待しています。


当社が開発した合成梁【WIN BEAM】(商標登録予定)の技術により、大規模木造建築物等に国産材を利用し、且つリーズナブルなコストで建設する事が可能になります。

今後、この【WIN BEAM】を活用することにより、木造建築の可能性を更に拡げる取組みを推進していきます。